オンラインだからこそできるプロ野球のブックメーカー

野球場
ブックメーカーは、どう考えてみてもギャンブルですから、もしも日本で運営をすれば賭博法に違反することになるでしょう。
ですから、日本の会社がブックメーカーのサービスを提供するのは非常に難しいことなのですが、オンラインなら今のところは問題がありません。つまり、海外の業者のサービスをオンラインで利用することができるのです。そもそもブックメーカーは、国によっては合法であって、むしろそれが文化だとも認められているのです。

イギリスやアメリカでは盛んに行われていると言えるでしょう。日本のスポーツが対象になることは、以前は少なかったのですが、最近では日本のプロ野球を対象とする業者が増えてきています。

このような業者を探すことができれば、日本のプロ野球に対してかけることができます。海外の業者を利用する際には言語の壁が立ちふさがることもありますが、一度できるようになってしまえば後は同じ事が行われるだけですから、その後は難しくはないでしょう。

プロ野球のブックメーカーにはインターネットが必要

ドーム
野球で賭博をすることは、日本では今のところは禁止されています。野球賭博をすれば違法行為となります。しかし、それは日本の法律ですから、日本以外には合法な国もあります。

その代表的な国がイギリスで、ブックメーカーはイギリスで生まれた遊びです。ですから、イギリスに行ってプロ野球のギャンブルをするのは問題がないわけです。

ここ最近ではインターネット上でサービスを提供する業者が増えてきていますから、日本からでもアクセスすることができます。日本人がインターネットを通じてブックメーカーで遊ぶことが、それが合法になるのか違法になるのかは解釈が難しいところだと言えるでしょう。現時点でそれが違法だと判断されて罰則を受けた人はいないようです。解釈は難しいですが、そもそも罰則規定がありませんから、立件することも逮捕することもできないという状態なのです。
プロ野球で賭博をしたいと考えているのなら、ブックメーカーは最適なサービスです。

日本プロ野球のブックメーカーにもベット対象にオッズがある

グローブとボール
ブックメーカーは投票対象にオッズが設定されていて、ベットしたお金が当たった場合にどれくらいになるかを予測することが可能です。これは、対象がプロ野球であっても同様です。

そして、ブックメーカーのオッズについて勘違いする人も多いですが、投票した人に対しては投票したときのオッズが採用されます。
日本で一般的な公営ギャンブルでは、投票後の変動の影響を受けますが、ブックメーカーではそうなっていません。また、投票者の数で変動する仕組みにもなっておらず、運営主体が設定しています。

そのため、客同士でパイを奪い合うというよりは、胴元と投票者の間で予想を通して勝負をするといった様相を呈しています。参加時点でほぼ負けが決定しているギャンブルより、真剣勝負の要素があるので、ギャンブル好きなら楽しむことができます。プロ野球の予想といっても予想の切り口は豊富で、運営主体ごとに個性もあります。したがって、特徴を理解してから利用するところを選択するとより楽しめます。